製品情報 - 機能・特長から探す

[耐薬品性]の検索結果一覧

各種フッ素製品の構造に含有する「炭素-フッ素結合」の強固さは、様々な薬品や油からの影響を最小限にとどめます。その為、当社のフッ素製品は優れた「耐薬品性」「耐油性」を示します。

ルミフロン®

常温でコーティング可能で、酸やアルカリに強い皮膜を形成します。 

ルミフロン®は、当社が世界で初めて商品化した溶剤可溶型フッ素樹脂です。防食・建築用などの各種塗料やコーティング剤の原料として、フッ素の「耐候性」で各種基材を保護し、長期にわたり塗装物を守ります。

  • 液体(溶剤系、水系)
  • 固体(フレーク)

AFLAS®

AFLAS® は、酸、アルカリといった強活性の薬品に対して優れた耐久性を有します。 また、強活性の薬品の濃度および温度が高い状態でも、優位性を保ちます。そのほかにメタノールなどの極性溶媒にも強い耐性を示します。

AFLAS®はフッ素ゴム本来の特性をバランスよく備えつつ、従来のフッ素ゴム(フッ化ビニリデン系ゴム)では対応しきれない強アルカリ、アミンに対してすぐれた耐性を有するフッ素ゴムです。

Fluon® ETFE

強酸・強アルカリをはじめとする、ほとんどの薬品に優れた耐薬品性を発揮します。

ETFEは代表的なフッ素樹脂であるPTFE、PFA、FEPに匹敵する耐薬品性、電気的性質を保持しつつ、準フッ素樹脂であるECTFE、PVdFに対しては改良された機械的特性と極めて容易な成型加工性を兼ね備えることで一歩進んだ、フッ素樹脂の中では丁度中間的でバランスのとれたフッ素樹脂です。

Fluon® LM-ETFE

強酸・強アルカリをはじめとする、ほとんどの薬品に優れた耐薬品性を発揮します。

Fluon® LM-ETFEは、ETFE樹脂の持つ優れた耐熱性・機械特性などの物性と低融点を実現させた新しいフッ素樹脂です。

Fluon® LM-ETFE AH Series

強酸・強アルカリをはじめとする、ほとんどの薬品に優れた耐薬品性を発揮します。

Fluon®LM-ETFE AH Seriesは、接着性を付与し、他素材との溶融接着を可能にしたフッ素樹脂です。 これまで必要とされていた特殊な接着剤や表面処理は不要。強固な積層成形も、わずか一工程で完成します。

Fluon® PTFE

ほとんどすべての化学薬品に不活性です。また、すべての溶剤に侵されません。

フッ素樹脂の需要の 60 ~ 70% を占めるのが、四フッ化エチレン樹脂 ( PTFE )です。 PTFEは、60年の長い歴史にもかかわらず、広い使用温度範囲、耐薬品性、電気絶縁性、低摩擦性、非粘着性、耐候性、難燃性等の優れた特性により、新しい用途が年々開発されています。

Fluon® PFA

ほとんどの薬品に対して侵されることのない、化学的に安定性の高い材料です。このため、強活性の化学薬品に定常的に接触する半導体分野向け部材の成形材料に最適です。

Fluon® PFAは、四フッ化エチレンとパーフルオロアルコキシエチレンとの共重合体です。PTFEと同等の特性を備えているうえ、熱可塑性樹脂として溶融成形に適した特性も併せ持ち、「射出」、「押出」、「ブロー」など様々な加工法に対応しています。

アフレックス®

ほとんどの薬品に対して不活性であり、強酸性や強アルカリ性の化学物質にもほとんど侵されない、高い耐薬品性を持ちます。薬品に接触する用途に好適です。

アフレックス®は旭硝子が原料から一貫生産している高機能フッ素樹脂フィルムです。耐熱性・耐薬品性・光透過性、非粘着性などの優れた特徴によりエレクトロニクス、航空・宇宙、太陽電池からキッチン周り、壁紙まで幅広く使用されています。

  • フィルム

サイトップ®

様々な種類の酸やアルカリ、有機溶剤に耐えうる性能を有するため、サイトップ®を塗布することにより薬品類から基材を保護します。

サイトップ®はアモルファス(非晶質)構造のため、極めて高い透明性を実現し、専用のフッ素系溶媒に溶解するため、薄膜コーティングが可能です。また「透明性」「低屈折率性」「電気絶縁性」「撥水・撥油性」「耐薬品性」等の特性を同時に有するフッ素樹脂です。

  • 溶液