製品情報 - 製品カテゴリーから探す

[熱可塑性フッ素樹脂]の検索結果一覧

常温時には固形ではあるが、加熱することにより、溶けて液体となり、冷却すれば固体になる性質を持ったフッ素樹脂です。この性質を利用することで、様々な加工方法に対応できます。

Fluon® ETFE

代表的なフッ素樹脂であるPTFE、PFA、FEPに匹敵する耐薬品性、電気的性質を保持しつつ、準フッ素樹脂であるECTFE、PVdFに対しては改良された機械的特性と極めて容易な成型加工性を兼ね備えることで一歩進んだ、フッ素樹脂の中では丁度中間的でバランスのとれたフッ素樹脂です。

ETFEは代表的なフッ素樹脂であるPTFE、PFA、FEPに匹敵する耐薬品性、電気的性質を保持しつつ、準フッ素樹脂であるECTFE、PVdFに対しては改良された機械的特性と極めて容易な成型加工性を兼ね備えることで一歩進んだ、フッ素樹脂の中では丁度中間的でバランスのとれたフッ素樹脂です。

Fluon® LM-ETFE

フッ素樹脂の持つ優れた耐熱性・機械特性などの物性と低融点を実現させた新しいフッ素樹脂です。 融点が225℃と低く、240℃付近まで低粘度を保ち、従来のETFEより約50℃低い温度での成型が可能となります。

Fluon® LM-ETFEは、ETFE樹脂の持つ優れた耐熱性・機械特性などの物性と低融点を実現させた新しいフッ素樹脂です。

Fluon® LM-ETFE AH Series

接着性を付与し、他素材との溶融接着を可能にしたフッ素樹脂です。これまで必要とされていた特殊な接着剤や表面処理は不要。強固な積層成形も、わずか一工程で完成します。もちろん非粘着性をはじめ成形性、耐薬品性など、フッ素樹脂本来の特長は変わりません。

Fluon®LM-ETFE AH Seriesは、接着性を付与し、他素材との溶融接着を可能にしたフッ素樹脂です。 これまで必要とされていた特殊な接着剤や表面処理は不要。強固な積層成形も、わずか一工程で完成します。

Fluon® PFA

Fluon® PFAは、四フッ化エチレンとパーフルオロアルコキシエチレンとの共重合体です。PTFEと同等の特性を備えているうえ、熱可塑性樹脂として溶融成形に適した特性も併せ持ち、「射出」、「押出」、「ブロー」など様々な加工法に対応しています。

Fluon® PFAは、四フッ化エチレンとパーフルオロアルコキシエチレンとの共重合体です。PTFEと同等の特性を備えているうえ、熱可塑性樹脂として溶融成形に適した特性も併せ持ち、「射出」、「押出」、「ブロー」など様々な加工法に対応しています。

サイトップ®

ガラス転移温度108℃の熱可塑性樹脂のため、熱による成型加工も可能です。

サイトップ®はアモルファス(非晶質)構造のため、極めて高い透明性を実現し、専用のフッ素系溶媒に溶解するため、薄膜コーティングが可能です。また「透明性」「低屈折率性」「電気絶縁性」「撥水・撥油性」「耐薬品性」等の特性を同時に有するフッ素樹脂です。

  • 溶液