サイトップ®

サイトップ®はアモルファス(非晶質)構造のため、極めて高い透明性を実現し、薄膜コーティングが可能です。また「透明性」「電気絶縁性」「撥水・撥油性」「耐薬品性」等の特性を同時に有するフッ素樹脂です。

サイトップ®の概要・特長

様々なフッ素の特性を発揮

「撥水・撥油性」「耐薬品性」等、一般的なフッ素の特性以外に「透明性」「水と同様の屈折率」「蛍光特性がないこと」「エレクトレット特性」等、ユニークな特性も有するため、様々な分野で検討されています。

薄膜コーティングが可能

サイトップ®は専用のフッ素系溶媒に溶解するフッ素樹脂のため、1μm以下の薄膜コーティングが可能です。スピン、ディップ、スプレー、ダイコート等、形状に応じた様々な塗布が可能です。

塗布方法に応じた希釈溶媒

サイトップ®は特殊な構造を有するフッ素樹脂であり、多くの溶剤に対し不溶なため、希釈する際には専用溶媒で希釈されることをお薦め致します。塗布方法に応じて2種類の沸点の溶媒を取り揃えております。スピンコートは180℃、ディップコートは100℃、スプレーコートはこれらの溶媒をブレンドすることで綺麗な塗膜が得られます。

サイトップ®の用途

サイトップ®はエレクトロニクス・情報通信・ライフサイエンス等、幅広い分野で使用されているだけではなく、世界各国の公的研究機関・大学における最先端の研究開発を推進させる次世代型材料としても、ご評価頂いてます。

サイトップ®の用途

サイトップ®の使用が期待されている用途と従来から使用されている用途の事例について、ご紹介致します。

フレキシブルディスプレイ向け有機半導体用ゲート絶縁膜

フレキシブルディスプレイ向け有機半導体用ゲート絶縁膜

「有機半導体との相性」が良いフレキシブルな絶縁材料として多くの研究機関で使用されています。

深紫外LED用封止材

深紫外LED用封止材

エポキシ樹脂やシリコン樹脂では耐久性不足となる深紫外領域のLED用封止材としてサイトップ®の耐久性が着目されています。

振動発電器向けエレクトレット材料

振動発電器向けエレクトレット材料

サイトップ®は電荷を半永久的に保持する性能(=エレクトレット性能)も有するため、IoT向けセンサ用電源として期待されている振動発電器向け材料として使用されています。

フォトマスク用防塵フィルム「ペリクル」

フォトマスク用防塵フィルム「ペリクル」

半導体製造プロセスにおける露光工程で生じる歩留り低下を防止する部材が「ペリクル」です。深紫外領域の光も透過するサイトップ®が使用されています。

超高速プラスチック光ファイバー「FONTEX」

超高速プラスチック光ファイバー「FONTEX」

サイトップ®を適用することで石英と比べて柔軟、且つ超高速な伝送が可能です。銅線と比べても低消費電力で軽量、ノイズに強いなどの特長があります。

細胞・DNA・タンパク質検出用の「バイオチップ」

細胞・DNA・タンパク質検出用の「バイオチップ」

サイトップ®は「生体物質低付着性」「低蛍光性」「水とほぼ同じ屈折率」「濡れ性制御」等の特性を有するため、バイオチップの流路に使用されています。

品番紹介

CYTOP標準品番は分子量(2種)、官能基(3種)、溶媒、濃度、ろ過精度の組合せにより品番名が設定されております。

品番名分子量官能基の種類溶媒沸点溶媒種類濃度ろ過精度容器の種類/容量
CTL-809A低分子量Aタイプ180℃PFC9%5μmPE/100g
CTX-809A標準Aタイプ180℃PFC9%5μmPE/100g
CTL-816AP低分子量Aタイプ180℃PFC16%1μmPE/100g
CTL-109AE低分子量Aタイプ100℃HFE9%5μmPE/100g
CTX-109AE標準Aタイプ100℃HFE9%5μmPE/100g
CTL-809M低分子量Mタイプ180℃PFC9%5μmPE/100g
CTL-107MK低分子量Mタイプ100℃HFC7%5μmPE/100g
CTX-809SP2標準Sタイプ180℃PFC9%0.2μmPE/100g
CT-SOLV180180℃PFCPE/100g
CT-SOLV100E100℃HFEPE/100g
CT-SOLV100K100℃HFCPE/100g
CT-SOLV100K100℃HFCPE/100g

※分子量: 標準25~30万程度、低分子量15~20万程度
※官能基: Aタイプ)-COOH  Mタイプ)-CONH~Si(OR)n  Sタイプ)-CF3

※有償サンプルセットは、溶液100g(=100g*1本)+希釈溶媒300g(=100g*3本)のセットで
    販売しています。希釈溶媒は薄膜化や膜厚制御を行う目的で使用されます。
    厚膜で使用する場合には、溶液のみでも塗布可能です。

※希釈溶媒はCT-SOLV180, CT-SOLV100E, CT-SOLV100Kの3種類、取り揃えております。
    基本的に溶液の沸点に合わせて、ご使用頂きますが、スプレー塗布等につきましてはブレンドして
    ご使用頂くことも可能です。

この製品に関するお問い合わせ

サンプル請求、導入支援のご相談も承ります。