サイトップ®の概要・特長

様々なフッ素の特性を発揮

サイトップ®は「撥水・撥油性」「耐薬品性」など、一般的なフッ素の特性以外に「透明性」「水と同様の屈折率」「蛍光特性がないこと」「エレクトレット特性」など、ユニークな特性を有します。特に「透明性」については「可視光透過率95%以上」「紫外光透過率90%以上」と極めて高い透明性を有するため、その性能を活かして光学分野やライフサイエンス分野など、様々な分野で使用されています。

薄膜コーティングが可能

サイトップ®は専用のフッ素系溶媒に溶解するフッ素樹脂のため、1μm以下の薄膜コーティングが可能です。スピンコート、ディップコート、スプレーコート、ディスペンス、ダイコートなど、塗布基材の形状に応じて様々な塗布方法を選択できます。殆どの用途では1μm以下の膜厚で必要な特性が満たされますが、防湿性やエレクトレット特性を向上させるために厚膜化も可能です。重ね塗りすることにより十数μm程度の膜厚にすることもできます。

塗布方法に応じた希釈溶媒

サイトップ®はPTFE並の「耐薬品性」を有するコーティング材料のため、通常の溶媒とは溶解しません。一部のフッ素系溶媒とは僅かに溶解しますが、安心してお使い頂く上でも「サイトップ®の希釈溶媒」のご使用をお薦めします。塗布方法に応じて2種類の沸点の溶媒を取り揃えています。スピンコートは180℃、ディップコートは100℃、スプレーコートはこれらの溶媒をブレンドすることで綺麗な塗膜が得られます。また、サイトップ®を塗布した箇所を剥離したい場合には、「サイトップ®の希釈溶媒」を使用することができます。

この製品に関するお問い合わせ

サンプル請求、導入支援のご相談も承ります。