フレミオン®(フッ素系イオン交換膜)

フレミオン®(フッ素系イオン交換膜)

フレミオン®(フッ素系イオン交換膜)は旭硝子が開発した、省エネルギー効果の高い苛性ソーダ/苛性カリ製造用のフッ素系イオン交換膜です。

フレミオン®(フッ素系イオン交換膜)の概要・特長

低抵抗による省エネルギー

旭硝子ではイオン交換膜の設計を工夫し、40年間にわたりその抵抗を継続的に低下させてきました。現在の主力商品F-8080は世界でも有数の低電圧特性を持つフッ素系陽イオン交換膜として沢山のお客様に支持されています。

高い電流効率

食塩電解用のフッ素系イオン交換膜では、高い電流効率をカルボン酸基を有するポリマーにより達成しています。このフッ素系カルボン酸ポリマーは旭硝子によって開発され、高効率のイオン交換膜法食塩電気分解の工業化が可能となりました。現在では97~98%の電流効率を継続的に発現させることが可能となっています。

高い不純物耐性による性能安定性

フレミオン®はこれらの不純物の影響を最小限に抑えるため、不純物がイオン交換膜に与える影響のメカニズムを解明し、その影響を最小限に抑えています。これにより長期にわたって性能を安定させることが可能となっています。

フレミオン®(フッ素系イオン交換膜)の用途

「フレミオン®」は、「イオン交換膜法電解プラント」において、食塩水の電気分解をおこなう「電解槽」に装着され、人々の生活になくてはならない重要な基礎化学製品である、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)/苛性カリ(水酸化カリウム)や塩素、水素を製造するためにその中心的な役割を担い、世界中のお客さまにご使用頂いております。

フレミオン®(フッ素系イオン交換膜)の用途

このような事例で使用実績がございます。

苛性ソーダ電解用イオン交換膜

苛性ソーダ電解用イオン交換膜

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)、塩素、水素を生産する食塩(NaCl)電解に使用されています。

苛性カリ電解用イオン交換膜

苛性カリ電解用イオン交換膜

苛性カリ(水酸化カリウム)、塩素、水素を生産するカリ(KCl)電解に使用されています。

製品ラインナップ

製品名 用途 特徴
F-8080 食塩電解法による、苛性ソーダ製造 低電力消費
高電流密度運転
高不純物耐性
F-8081 食塩電解法による、苛性ソーダ製造 低電力消費
高電流密度運転
高不純物耐性
高強度(ピンチング耐性)
F-8080HD 食塩電解法による、苛性ソーダ製造 低電流密度運転
高苛性品質
高塩ブリスター耐性
F-8081HD 食塩電解法による、苛性ソーダ製造 低電流密度運転
高苛性品質
高塩ブリスター耐性
高強度(ピンチング耐性)
F-8080K 食塩電解法による、苛性カリ製造 低電力消費
高電流密度運転
高不純物耐性
F-8081HDK 食塩電解法による、苛性カリ製造 低電流密度運転
高苛性品質
高塩ブリスター耐性
高強度(ピンチング耐性)

この製品に関するお問い合わせ

サンプル請求、導入支援のご相談も承ります。