プロピレンオキサイド <一般名 > 酸化プロピレン、PO

製品概要

エーテル臭をもつ無色の揮発性液体で、イオン重合性があります。
プロピレングリコール、ポリプロピレングリコール、イソプロパノールアミン、アリルアルコール、プロピレンカーボネートなどの原料に用いられます。

特長

無色の揮発性液体でエーテル臭をもちます。
揮発性が強く、極めて引火しやすい。

AGCは鹿島工場で原塩を電気分解して得られる塩素を利用して、クロルヒドリン法によるプロピレンオキサイド(PO)を生産しています。

一般名:プロピレンオキサイド
化学式:C3H6O


(反応) C3H6  +  Cl2  +  H2O  →  C3H6(Cl)(OH) + HCl

     2C3H6(Cl)(OH) +  Ca(OH)2  →  C3H6O  +  CaCl2  +  H2O


化審法番号 2-219
安衛法番号 2-219
CAS NO 75-56-9

主な用途

プロピレングリコール(ポリエステル樹脂原料ほか)、ポリプロピレングリコール(ウレタンフォーム原料ほか)、顔料、医薬品中間体、殺菌剤などの原料。

荷姿

荷姿は、ローリー又はISOコンテナです。
使用用途に合わせ、お選びください。

物性

プロピレンオキサイド
形状 液体
無色透明
臭い エーテル臭
沸点 34℃
融点 -104.4℃
引火点 -37 ℃(タグ密閉式)
比重(相対密度)0.83g/cm3 (20/20℃)

使用上の注意

取り扱う際には、保護手袋/保護眼鏡/保護面/皮膚を直接曝させないような衣類を着用してください。
揮発性が強く、極めて引火しやすいため、熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけてください。

生産工場

■AGC株式会社(日本)鹿島工場

その他

※製品詳細情報はSDSをご覧下さい。