アサヒクリン AC-6000 <一般名 > フッ素系溶剤

製品概要

アサヒクリン AC-6000 は、オゾン破壊係数 ( ODP ) がゼロ、地球温暖化係数 ( GWP ) が 136 の HFC ( ハイドロフルオロカーボン ) で、PFC ( パーフルオロカーボン ) や PFPE ( パーフルオロポリエーテル ) と似た特性をもつフッ素系溶剤です。

特長

凝固点が -76℃、沸点が 114℃ と幅広い温度領域で液体あり、熱的・化学的に安定なため、さまざまな熱媒用途でお使いいただけます。
地球温暖化係数が 136 と小さく、CO2 ( 二酸化炭素 ) の排出量を削減できます。

一般名 : 1,1,1,2,2,3,3,4,4,5,5,6,6-トリデカフルオロオクタン
化学式 : CF3CF2CF2CF2CF2CF2CH2CH3

化審法番号 : 2-4062
安衛法番号 : 7-(1)-738
CAS No.   : 80793-17-5

主な用途

荷姿

AC-6000
樹脂ボトル1kg・5kg
ペール缶20kg
ドラム缶300kg
ローリー-

技術情報

使用上の注意

【取り扱い】

(技術的対策)

換気の良い場所で取り扱ってください。
容器はその都度密栓してください。
蒸気の発散をできるだけ抑え、適切な換気を行ってください。
裸火や200-300℃以上の高温に過熱された金属等に接触すると熱分解し、有毒ガスが発生することがあるので取り扱いはこれらが近くにない場所で行ってください。
吸入したり、眼、皮膚および衣類に液が触れないように、適切な保護具を着用しできるだけ風上から作業してください。

【保管】

(技術的対策)

通風のよいところに保管してください。
充填容器は直射日光を避け、低温で換気の良い場所に保管してください。
沸点が114℃と高いですが、蒸発しやすいために夏場の炎天下では容器が膨らみ、栓を開けた際に、液が中から噴き出すことがあります。
湿気や水滴等による腐食を防ぐために乾燥した場所に保管してください。
熱、火花、炎等が近くにないことを確認してください。

生産工場

■AGC株式会社(日本)千葉工場

その他

環境影響・適用法令
FAQ

本製品は工業用品であり、メディカル用途を想定して開発・製造を行ったものではございません。
細かい製品情報はSDSをご覧下さい。

問い合わせ先

営業窓口電話番号
北海道~関東地区東京支店03-3218-5686
中京地区名古屋支店052-583-2922
大阪以西 大阪支店06-6373-5842
九州地区福岡支店092-260-8120