フルオロカーボン破壊

製品概要

フルオロカーボンが開発されておよそ80年.始まりは冷蔵庫用の冷媒でした。その誕生以来、私たちの生活を豊かにする役割を担い続けています。しかし、フルオロカーボンにはオゾン層の破壊(CFC,HCFC系のガス)や地球温暖化ガスという側面を持ちます。役割を終えたフルオロカーボンは、ごみを分別して処理するのと同じように処理方法があります。AGCはそんなフルオロカーボンについて廃棄(破壊)処理のお手伝いをしております。

特長

AGCの取り組み

AGCはフルオロカーボンメーカーという立場より破壊にいち早く着手。
1997年より破壊事業を始めました。長年の経験に裏付けされたその確かな技術力により、これまで着実に実績を積み重ねてまいりました。
私たちの地球の未来に向けて、AGCはこれからもフルオロカーボンの破壊活動を行ってまいります。

フルオロカーボン破壊プラント能力

AGC千葉工場のフルオロカーボン破壊プラントは1,000t/年の能力を有し、お客さまからのご依頼に対し確実な破壊処理を行います。

AGCフルオロカーボン破壊設備概略図

破壊可能品種

CFC
R-12, R-13, R-115

HCFC
R-22, R-124

HFC
R-134a, R-410A, R-407C, R-404A

その他
R-502, SF6

※その他品種に関しましてはお気軽にご相談ください。

処理手続きの流れ

ご注意事項

破壊依頼ボンベには「破壊依頼」と明示をお願い致します。

問い合わせ先

営業窓口電話番号
北海道~関東地区本社:ガスグループ03-3218-5856
中京地区名古屋支店052-583-2922
大阪以西 大阪支店06-6373-5842
九州地区福岡支店092-260-8120